WordPress(ワードプレス)の使い方や、簡単にブログやアフィリエイトサイトが作れる方法もご紹介!テンプレートやプラグインのおすすめもコレを入れとけば間違いなし!

誰も知らないワードプレスがインデックスしない本当の理由と対処法

ワードプレスでサイトを作り出していたら、インデックスしない・されないって現象は皆さん経験されていると思います。

やはりせっかく記事を書いてたのですから、インデックスされて早く検索エンジンからアクセスを集めたいですよね。

 

ここではワードプレスでサイトを作ってインデックスしない・されないという状況に陥っている人の救済記事となっています。

 

単なる対処法だけではなく、インデックスされない理由も知る事でこれから先悩む事無くワードプレスでサイトを作っていく事も出来ます

 

これまで数百サイト作ってきた私の信憑性の高い見解なので、ここにしか無い情報もしっかりと記載されています。

なので是非とも記事最後までお読み下さいませ。

 

ワードプレスでインデックスしない時にまず確認するべき所

ワードプレスで記事を書いている中、待てど暮らせどまったくインデックスされない場合はまず最初にワードプレスの設定を確認してみて下さい。

 

↓ワードプレスの管理画面に入りましたら、サイドメニューある「設定」⇒「表示設定」と進むと下記のような画面になります。

 

 

上記画像の下部に赤枠で囲っている

「検索エンジンでの表示」って所に「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」という項目があります。

 

このインデックしないようにするの所にチェックが入っていたら、どれだけ記事を書いてもインデックスはしないです。

なのでチェックが入っていたら必ず外しましょう。

ワードプレスをインデックスさせない設定にして使うケースとしては、会員限定サイトなどを作る時に役立ちます。

 

ワードプレスで早くインデックスさせる設定とプラグイン

ワードプレスでインデックス速度を速める設定として必ず行なっておきたいのが「ping送信」です。

ping送信とは簡単に言うと、サイトを更新した事を知らせる機能と認識してもらって問題ありません。
 

↓ワードプレスの「設定」⇒「投稿設定」の所をクリックすると、デフォルト状態でのping送信欄はこのようになっています。

 

 

上記画像の最下部にある赤枠部分にping送信先を入れる事で、ワードプレスで記事を書いた際のインデックス速度を向上させる事が可能です。

↓こちらは私が厳選したping送信先になります。

ttp://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
ttp://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
ttp://ping.fc2.com/
ttp://ping.rss.drecom.jp/
ttp://www.blogpeople.net/ping/
ttp://xping.pubsub.com/ping/
ttp://blogsearch.google.com/ping/RPC2
ttp://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
ttp://ping.dendou.jp/
ttp://pingoo.jp/ping/
ttp://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates

 

各列の最初に「h」を書き足してお使い下さい。

↓入力したら最後に「変更を保存」を押して完了です。

 

 

ping送信先の入力はワードプレスでサイトを立ち上げたら最初に忘れずに行なうようにしています。

これでインデックスされるまでの速度が速まります。

そしてもう一つ忘れては行けないのが

「インデックス速度を速める為のプラグインも導入しておく」です。

 

↓そのプラグインの使い方などはこちらで解説しています。

PubSubHubbubの使い方と設定方法

基本的にワードプレスをインストールしたら

  • ping送信先の入力
  • プラグインの導入

この二つはセットで行なっています。

 

インデックス速度を高めるサーチコンソール

基本的に上記でお教えしたping送信の設定とプラグインを入れておけばその内問題なくインデックスされるようになっていきます。

 

しかしそれでもインデックスしない場合は奥の手としてgoogleのサーチコンソールに依頼するという手もあります。

サーチコンソール

ログインしたら上記画像のようになりますので、URLの所にインデックスさせたいページのURLを入れます。

これはgoogleに直接「サイトを更新したのでインデックスしてください」と依頼を出す為の物になります。

 

このサーチコンソールを使えばさらなるインデックス速度の向上が期待出来ますが、あまり使いすぎるとペナルティを受ける可能性も考えられます。

使うタイミングとしては、記事を書いて1週間以上インデックスされない場合に使うようにしたり、数日に1回と自分で決めて行なうのも良いでしょう。

 

何回・どれくらいの感覚で送っても大丈夫なのか?といった情報は完全に不透明な所で誰も知りえません。

 

なのであまり使いすぎないように気をつけましょう。

 

インデックスされないのはドメインと更新頻度にも関係している

ここから先は一般的にあまり知られていない情報です。

ここではインデックスしない・インデックスされるまでが遅いサイトはどういった特徴があるのか?というお話をしたいと思います。

 

まずは基本的に下記のような特徴にあてはまるサイトはインデックスが極めてされずらいです。

  • ドメインエイジが極めて浅い(運営歴が浅い)
  • 日々のサイト更新頻度が週に1回とか
  • しばらく放置したサイトを久しぶりに更新

ここからはそれぞれの解説をしていきます。

 

ドメインエイジが極めて浅い

ドメインエイジとはそのドメインの年齢・運営歴の事を指します。

基本的にドメインエイジが浅いサイトや新規ドメインはgoogleにサイト自体をまだ認知してもらっていない為、自分のサイトをgoogleロボットに見つけてもらうまでに時間がかかります

 

さらに新規ドメインなどはどんなにping送信やサーチコンソールに依頼したとしても、書いて即日インデックスされるという事はまずありません

 

仮に運よく最初に1記事がインデックスされたとしても、翌日・さらにそのまた翌日に書いた記事も順調に即日インデックスされていくなんて事は今まで経験した事がありません。

この記事を書いている私はこれまで数百サイト作ってきた人間です。

最初にインデックスされるまでの期間はまちまちですが、ここでお教えした

  • ping送信先の入力
  • プラグインの導入
  • サーチコンソールへの依頼

これらを駆使しても新規ドメインでの初インデックスまでの期間は早くて2~3日くらい。

遅くて1週間~2週間くらいと見て間違いありません。

 

なので新規ドメインを使ってワードプレスでサイトを作った場合、ここでお伝えした事を頭に入れておくことで無駄に悩む事はなくなります。

 

更新頻度が少なすぎる

新規ドメインなどでは最初に記事を入れても中々インデックスされないのですが、毎日のようにコンスタントに記事を追加していけば2~3ケ月後あたりからは1日~3日以内にインデックスされるようになってきます。

サイトが高い更新頻度を維持していれば、googleも「このサイトは毎日更新されているからもっとこまめにチェックしにこよう」と学習します。

 

それがキッカケでインデックス速度はどんどんと増して早くなっていきます。

しかしこの逆もあります。

ワードプレスでサイトを立ち上げて最初の数記事は毎日書いていたが、急に更新を辞めてしまったらそれが原因でまったくインデックスされていないという現象にも繋がってきます。

 

基本的に更新頻度が少ないサイトはどんなに設定をして工夫をしてもインデックスされずらい物だとしっかりと覚えておいてください。

 

しばらく放置したサイトを久しぶりに更新

更新頻度が少ないとインデックスもされずらいという事はご理解いただけたと思います。

なのでしばらく更新しないでおいたサイトに、久しぶりに記事を入れたからと言っていきなりインデックスされるという事もありえないという事もご納得いかれると思います。

しばらく更新していなかったらgoogleロボットにも「このサイトの更新は止まっているから見に来ても無駄だな」と学習されます。

なのでインデックス速度をそこからまた早めたいなら記事を更新していかなくてはいけないのです。

 

そしてここで問題なのが中古ドメインに関してです。

中古ドメインとは過去に誰かが運営していたサイトをオークションサイトなどで購入して入手するドメインの事を言います。

よく一般的には「中古ドメインはインデックス速度も速い」なんて聞きますが、そんな事はありません。

 

そういう事を言っている人はたまたま購入した中古ドメインの更新頻度が空いていなかった・元々更新頻度が極めて高いドメインだったケースだったりもします。

(中古ドメインはインデックス速度が速いというのはすべてに当てはまる分けではありませんのでお気をつけ下さい。)

 

なので中古ドメインを使ってワードプレスで運営を開始しても、そのドメインが当たりだったらインデックス速度は速いですがハズレだったら新規ドメイン並に最初はインデックスされずらいという事を覚えておくと良いでしょう。

 

インデックスを早める為の内部リンクはSEO効果も期待出来る

この記事冒頭でお伝えしました設定方法などの他にももう一点意識しておきたい事があります。

それが内部リンクです。

内部リンクとは自分のサイト内の記事から同じサイト内の他の記事へリンクを貼る事を言います。

記事内に内部リンクを積極的に貼る事で、インデックスされる為に一度サイトに訪れるgoogleのロボットがすぐに帰ってしまわなくなると言われています。

(イメージ的には内部リンクを辿って色んな記事をgoogleロボットに巡回してもらうイメージ。)

 

そうする事で複数の記事がまとめてインデックスされる事もあります

 

そしてこの内部リンクでもう一つ嬉しい効果が期待出来るのがSEO効果です。

検索順位を上げたい記事に積極的に内部リンクで誘導したり、サイト内の記事同士を相互リンクにする事で検索ユーザーの平均PVの向上が期待出来ます。

PVとは閲覧回数の事。何回その記事が見られたか?という意味です。

せっかく自分のサイトに来てくれたユーザーが1記事見ただけで帰るよりも、2ページ・3ページと見てくれる事でSEO効果も期待出来ます。

 

なのでワードプレスでサイトを作り出したら、最初の頃は積極的にどんどんと内部リンクを記事最下部に設置していくようにしましょう!

以上、ワードプレスサイトがインデックスしない・されない現象の対処法でした。

 

おすすめ記事

 

ワードプレスの使い方トップページ

 

知らないだけで大損するおすすめのワードプレスプラグイン

 

アフィリエイトでお金を稼ぐ方法

 

ワードプレスの使い方を覚えたらそのままアフィリエイトサイトを作り、個人がパソコン一台でお金を稼ぐ事も可能です。

 

 

↓youtube動画ではアフィリエイトのやり方を無料で公開しているので、是非とも参考にしてみてください!

 

 


 

当サイトはエッジプラス1というワードプレスのテンプレートを使って簡単に作っています。

 

 

 

 詳細はこちら

 


 

↓メルマガで無料情報を受取って月収100万円目指す方はこちらから登録出来ます。

 

アフィリエイトで稼ぐ為のメルマガ

 


 

 

↓クロレラが有料級情報を公開しているアフィリエイトで稼ぐ方法を記載したメインブログはこちら

 

アフィリエイト初心者が稼ぐ方法

 


 

当サイト運営者の自己紹介

サイト運営者:道産子アフィリエイタークロレラ

まったくの知識0の状態で2015年からアフィリエイトを始め、現在では安定して毎月数百万円を稼ぎ続ける

 

↓日本で最大手のアフィリエイトセンターであるA8.netでは現在ブラックSランクに属しています。

↓その実績を認められ、アフィリエイトセンターからは賞状とフィギュアを貰いました。

税金対策で株式会社を設立するレベルまでたった一人で到達し、現在では代表取締役を勤める生粋のアフィリエイター。

 

↓クロレラがアフィリエイトで稼ぐ方法を教えているメインブログはこちら

アフィリエイトで稼ぐ方法

↓クロレラのyoutubeちゃんねるはこちら

アフィリエイトを動画で学ぶ

基本的に無料で裏情報を公開をしているので、それぞれお気に入り登録・チャンネル登録はお忘れなく!

ワードプレスにおすすめのプラグイン
ワードプレスにおすすめのプラグイン

特定商取引法に基づく表示